アフターピル(アイピル)の効果とは

病院のベッド

アフターピルとして用いられているアイピルは、性行為後72時間以内に飲む必要があります。
副作用は少なく、吐き気や頭痛、倦怠感が襲ってくることもありませんので、安心して飲むことが可能です。
飲み方として一錠使用するだけで大丈夫ですので、誰でも簡単に行えます。
アイピルは出来るだけ早い時間に服用した方が避妊効果が強く、24時間以内であれば95パーセント程度の確率で避妊を避けられます。

通常のピルとは違い、避妊に失敗した際に飲むことで効果を成す薬ですので、間違わないで使用する必要性が感じられるでしょう。
アフターピル、アイピルを上手に活用することで精子と卵子が受精しない役割を担ってくれるので妊娠することはありません。
また、排卵の周期を遅らせる効果も含まれています。
ジェネリック医薬品として扱われているので、より安価な料金で手に入れることが可能です。

服用後には消退出血が出ることがあり、生理が早めに来たり、長引く方も見られます。
また、アフターピルを服用した後は3~5日後に生理が来ますが、何週間もあいてしまわれた方は妊娠している可能性が伺えます。
服用後はその日数を目安として、避妊効果を確認するとよいでしょう。

副作用は少ないですが、中には乳房が張る人もいます。
怠い気持ちに見舞われることも想定内で、直ぐに体調は戻るので、過度に心配する必要は無いでしょう。
効果を十分に発揮したい場合は、空腹時に服用するのではなく、何か食べた後、食後に使用し始めると安心です。
服用する際は水か白湯でアイピルを飲むと良いです。

グレープフルーツジュースなど、異物が含まれているものでは薬が反応して、効果を成さない場合も考えられますので、徹底して守りましょう。
そして、なるべく服用した後はじっとして、アクティブに動き回らないように気をつけましょう。
生理が来たと確認することが出来ましたら、通常の業務にも本腰を入れるなど工夫をするとなお良いです。

アイピルは通販でも購入することができる、効果の高いアフターピルです。

副作用はどんなのが挙げられる?

アフターピルにも先発医薬品とジェネリック医薬品とが存在しています。
少しでも費用を抑えたいという場合は、ジェネリック医薬品のアフターピルを選ぶと良いでしょう。
「アイピル」はジェネリック医薬品の1つです。

できるだけ副作用は起こりにくいよう作られていますが、急激に体内のホルモンバランスを変える効果によって、服用後に吐き気や頭痛、倦怠感といった症状を感じるケースもあります。
アイピルの場合、服用後72時間以内に頭痛を感じる人は約12%・吐き気は9・2%、倦怠感は7・7%というデータがあります。
数字であらわすと決して高い確率で副作用が起こるわけではないという事が分かります。
ですが、やはり服用した人の約10%前後はなんらかの症状を感じているという点は、覚えておいたほうが良いでしょう。

アイピルは服用後、3時間以内に吐いてしまうと、再度同じ量を飲み直す必要があります。
3時間以内だと、まだアフターピルの有効成分が身体に吸収されていないためです。
吐き気が不安という方は飲み方を工夫してみましょう。
空腹時に摂取すると胃に負担がかかり、吐き気を感じやすくなるので食後に服用する事をおすすめします。
さらに市販の酔い止め薬を併用すれば、さらに吐き気を予防できます。

アイピルを服用後、約4日から1週間、遅くて2週間以内に出血が起こります。
不正出血が起こると副作用なのではと不安になってしまうかもしれませんが、これは消退出血というものです。
アフターピルを服用した事によって、人為的に出血を起こします。
消退出血は避妊が成功したという1つの目安になる症状なので、あまり気にしないようにしましょう。

ただ、出血がだらだら続く・量が多いという場合は何かしらの病気で出血している可能性があります。
このような不正出血が続く場合は医師に相談すると良いでしょう。