アフターピルの値段を調べてみた(通販編)

ニコニコする女の人

アフターピルは、排卵を遅らせ子宮内膜を変化させて着床しにくくすることで、避妊効果があります。
妊娠を希望しない場合に、避妊に失敗した後72時間以内にアフターピルを服用すれば妊娠を避けられます。
日本国内では、婦人科で購入できますが自費の薬になりますので値段は高くなります。

一番安いものですと4,800円程度、高価なものですと14,800円ほどの薬も多いです。
未成年でも購入は可能で、学生料金などを設定している婦人科もあります。
中絶手術を行うよりは、体にかかる負担が少ないので万が一のために事前に用意しておくと安心な薬です。

個人輸入や通販で世界中の女性が使用しているアフターピルを格安で買うことができます。
国内では産婦人科へ行かないと手に入らない薬になりますので、プライバシーが守られないので産婦人科に行きたくない女性も多いです。
もし緊急避妊をしなくてはならない事態が発生しても家に取り寄せたアフターピルがあれば精神的にも落ち着いて対処できます。

海外から購入する際には、正規品であるかどうかなど安全に使用できる商品を扱っている会社を選びましょう。
多くの女性から口コミがあると安心して申し込めます。
パッケージや説明書が入っているかどうかも確認してください。

値段は海外から購入した場合にはとても安く手に入ることが多いです。
安いからといっても偽物とは限りませんのでメーカー名などを確認してから購入しましょう。
最も有名なアフターピルのジェネリック薬品は、1箱あたり1,280円の安さです。

即日発送に対応している会社であれば、安い価格のまま、産婦人科へ行かなくても3日以内に手に入れることができます。
購入される会社によっては、商品名がサプリメントの表示で発送してくれることもでき、家族や周りに知られてしまうことなくアフターピルを購入できますので、初めて買われる方でも安心です。
アフターピルを試したい方は是非リーズナブルな通販を利用してみてください。

アフターピルを通販で購入する前に注意すること

アフターピルを通販で購入する場合にまず気を付けたいのが、ピルには偽物が多く出回っているということです。
最近では偽造薬の製造と販売をビジネスにしているような国もあるので、注意しなくてはいけません。
万が一偽物を購入して飲んでしまった場合には望んでいた避妊効果が得られないばかりか健康被害を出してしまう恐れもあります。

アフターピルは市販薬のない医療用の医薬品であるため、通販と言ってもインターネットで購入する場合には個人輸入のサイトを利用することになります。
薬の個人輸入は違法ではありませんが、購入した薬を使用する際にはすべてが自己責任となってしまうので気を付けましょう。
事前に薬の説明書きを読むなどしてしっかりとした知識を身に付けておかないと、自分には合わない薬を購入してしまうということにもなりかねません。

また、薬の個人輸入は購入できる量が決められているという点にも留意しておかなくてはいけません。
薬の個人輸入は種類によっても違いますが通常は一ヶ月分の分量までならOKとなっています。
それを超える分量の薬は正規品であっても購入することはできないので、気を付けるようにしてください。

購入した薬の譲渡や販売なども禁止されています。
個人輸入によって購入した薬は必ず自分で使用しなくてはいけないため気を付けてください。
他人に譲渡したり販売した場合には違法となってしまいます。

まれですが、税関で薬が止められてしまうというケースもあります。
これは安全性や適法性の検査のために留め置かれるもので、時間が経てば通常通り自宅まで配送されます。
薬がなかなか届かないと言ってあわてないようにしましょう。

こうした点に注意しておけば、薬の個人輸入は値段も安く、比較的安全に利用することができます。
大手のサイトではアフターサービスもしっかりしているところが多いので、できるだけ信用できるサイトから薬を購入するようにしましょう。