アフターピルの値段を調べてみた(病院編)

たくさんの薬

アフターピルは避妊に失敗した時に使用する薬ですが、普段あまり使用する機会がないので値段や買い方など知らない人も多いです。
基本的にアフターピルの入手方法としては2つあり、1つは産婦人科などの病院で処方してもらう方法、もう一つはインターネットサイトなどで買う方法です。

やはりアフターピルを購入するのはきちんとお医者さんの処方を受けて病院で買うのがおすすめです。
インターネットなどでも購入自体は可能ですが、海外製品だったり身体に合わないなどのリスクが高いです。
病院で購入する場合、値段の相場は1万円から2万円ぐらいです。
1回分の薬がこの値段なので、少し高いと感じる人が多いでしょう。
どれだけリーズナブルな病院でも、8000円以上はかかるところが大半です。
この値段には医師に色々と相談する診察料も含まれており、アフターピルは保険対象外のため高くなってしまうのも仕方ないと捉えるのがいいかもしれません。

アフターピルの中でもなぜ1万円ほど値段に差があるのかというと、大きく種類が2つあるためです。
病院によって取り扱っている種類は若干違うものの、値段自体はほとんど変わりません。
この種類による違いとしては、避妊成功率や薬を飲むときの手順が挙げられます。
一般的に多くの人が使っており、利便性が高いアフターピルは1万5000円程度のところが多いです。

このようにいきなりの出費としてはかなり痛手になる金額ですが、アフターピルは突然必要になるシーンがほとんどなのであらかじめ近所の病院で購入しておくといざという時に非常に助かります。
基本的にアフターピルは72時間以内に服用しないと効果が出ないので、お仕事などがあるとなかなか買いに行くことすらできない可能性があります。
避妊成功率は100パーセントではないとは言え、90パーセント以上は成功するとされているので、もし避妊失敗の可能性が少しでもあるなら服用しておくと安心です。

アフターピルは何科を受診すればいいの?

アフターピルは妊娠の可能性がある性行為を行ってしまったあとに、望まない妊娠を避けることが出来るものです。
しかし、アフターピルの効果があるのは性行為後72時間以内といった時間制限があり、予めアフターピルを用意しておくかアフターピルを扱っている病院を知っておくことが必要です。

アフターピルを望む場合の病院の選択肢としては婦人科や産婦人科です。
婦人科と産婦人科の違いは産婦人科が出産のための設備が整っているというもので、婦人科単独の場合には診察だけを行うというものです。
つまり、婦人専門の内科のようなもので、妊娠や避妊の相談のほか婦人特有の病気の治療を行っている診療科目といえます。
婦人科といっても種類があり、それぞれの病気や症状に特化しているところも多くありますが、特に避妊を主に専門としているクリニックは婦人科が中心です。

妊娠や避妊といったことを考えるのであれば、可能であれば日頃から婦人科のある病院で定期健診を受けている方がアフターピルの相談もしやすいメリットがありますから、かかりつけの医師を見つけておくのも大切です。
それに近所に病院があれば病院でアフターピルを処方してもらった方が安心です。
一方で病院での処方には費用が多くかかります。

理由としてはアフターピルの値段以外にも診察料が必要なためです。
現在の健康保険制度では望まない妊娠を避けることは保険適応の対象とはなっていませんから、診察料も含めて自己負担になります。
このため病院によっては行う検査の内容や指導の有無などにより費用が大きく変わってきます。
このため単にかかりつけ医師を見つけるだけでなく費用面でも優しい病院を見つけておいた方が経済的な負担も軽減できます。